ATOMは金融資産1MillionUSD以上の
富裕層向けに運用されるハイリターンファンド
欧州・中東の顧客を中心に展開されます。

日本国内先行募集

2019年夏から日本市場向けに募集を開始します。
それに先立ち、テスト的に日本先行募集を行います。

日本先行募集では金融資産審査はありません。
本来であれば1MillionUSD以上保有の方しか
運用できない
ATOMをこの機会にお試しください。

日本国内先行募集

ATOMシミュレーター

初期投資金額
 円

ATOMの特徴

ATOMは複数の子ファンドを従えたマザーファンドにて運用されます。
子ファンドの運用を管理し、運用成績に
応じて運用額を増減することで高い収益性
を誇ります。
トレーダーがあなたの資産を守りながら増やし続けます。

ATOMでは20以上の子ファンドを有しておりますが、ここではその一部の情報を開示します。

Alphabit

Alphabitファンドはプロの投資家のための上限がない
暗号通貨ファンド
です。
このファンドの目標はBitcoinでボラリティが低くより大きいリターンを生むバイアンド
ホールド戦略を
提供することです。

本ファンド管理は Apex Fund Services によって行われます。
これによりヨーロッパの厳しいファンドの会計基準に則して独立した形で評価されます。
また、本ファンドは世界トップ10に入る監査機関であるRSM Globalにより毎年監査されます。
これにより安全で明瞭な運用を行うことができます。

FBG

The Volatility Token FundはFBG Capitalによって管理されているUSDを扱うヘッジファンドであり、
電子資産の投資とトレードにフォーカスしています。

本ファンドはアービトラージトレーディングとICOキャピタルという2つの戦略を統合しています。
アービトラージトレーディングはファンドのリターンに安定性をもたらし、ICOキャピタルは高いリターンを期待できます。

本ファンドはアービトラージトレーディングと
ICOキャピタルという2つの戦略を統合しています。
アービトラージトレーディングはファンドのリターンに
安定性をもたらし、ICOキャピタルは高いリターンを
期待できます。

金融資産1MillionUSD以上の
富裕層向けに運用されるハイリターンファンド

日本国内先行募集